2008年7月22日火曜日

7月16日 任地訪問2日目☆


 この日は7:00から職場に行き、子どもたちをエドワードと一緒に起こした。子どもたちは眠い目をこすりながら、黙々と布団の片付けや活動の準備をしていた。そして7:30から更生院の掃除が始まった。また何人かは朝食作りとしてuji(甘いおかゆ)を作っていた。8:30くらいまで掃除やご飯の準備は続き、それから朝食をとった。子どもたちはまた嬉しそうに、ujiを飲む。私も飲んでみるがこれがけっこういける。まあたくさん飲めるものではないが、おなかにはけっこうたまった。さてその後パレード(集会)があり、前にでて自己紹介をした。

 “Jina lang ni Kenichiro Kuromyo. Ninaitwa Ken. Nitafanya kazi mweji ujao.
Nimefurahi kukuona.”

訳は「私の名前は黒明 堅一郎です。ケンと呼ばれています。来月から仕事をします。よろしく。」というものである。簡単な自己紹介だったけど、子どもはかなり喜んでくれた。 

 次に子どもたちは一つの教室(この時間はカニッサ(教会)と呼ばれる)に集まり、キリスト教の教えを聞いた。先生たちはオフィスに集まり、会議をした。食事の話や授業の話などさまざまだったが、全くと言っていいほどわからなかった。その後子どもたちと一緒に運動場に行き、サッカーを楽しんだ。

 昼が過ぎ、同期で向かいのカベテ更生院に配属されているシンヤがやってきた。この日のカベテの話は終わり、これから帰るみたいであった。一緒に昼食(ごはんと豆の煮込み)食べ、その後帰る準備をした。帰りにJICAオフィスに行って、いろいろ調整員と話がしたかったからだ。というわけで、マタツ、タクシーと乗継、オフィスに行った。家のことを中心に話をし、早めに配属先付近に家を用意してもらうよう頼んだ。

 JACII(語学学校)に帰り、レバニラ炒めを食べ、そして寮にいる何人かと「大富豪」(トランプ)をし、リラックスして夜を過ごした。しかし、疲れがかなりたまっている。やっぱり気疲れかなあ。Polepoleしていかなきゃと感じる一日だった。

1 件のコメント:

うー さんのコメント...

初めまして。私はカベテ更正院の初代隊員のうーと申します。今日なにげに”カベテ”で検索してみたらケンさんのブログを見つけました。まだ隊員の派遣が続いているんですね、びっくりです。これからちょくちょくよらせてもらいます。カベテ更正院の情報もアップしていただけたらうれしいですね。よろしくお願いします。では。