2008年8月3日日曜日

8月1日 ドミへ引っ越し☆

 今日は朝からJICAオフィスへ。最終オリエンテーションだ。いろいろな説明を受け、安全対策のカギや健康管理の水の浄水器をもらい。いよいよ赴任の最終段階に入った。最後に担当調整員のKさんとお話をし、自分の活動の目的・目標を再認識した。

 そしてこの日、日本から送ってもらった荷物が届いた。服や日本の食べ物、そして折り紙や伝統楽器など。日本の文化を紹介できるものが届いた。またこれからいろいろ計画して、どう使うかを考えていきたい。その後タクシーでJACIIからドミトリーに引っ越しした。たくさんの荷物をタクシーで送り、ドミトリーでのんびりした。

 次に18:00より更生院に配属となっている先輩隊員やJICA専門家、そして担当JICAスタッフとの食事会をした。それぞれの更生院で抱える問題、今先輩隊員がしている活動、そしてこれからの更生院の姿について。多くを話し、またまたこれからのビジョンが見えた。

 帰って、2次会。夜中3時まで、先輩隊員と一緒に語り合った。ある先輩隊員Nさんが言っていた。

「この2年間が貴重な経験だとは思ってない。2年間という時間を破り捨てて、何かをするためにきたんだ。」

 重みのある言葉だった。正直自分自身の貴重な経験だと思っていた私にとって、あまりに重い言葉だった。何をしに来たのか、もちろんここケニアの子どものため、ケニアという国のために今自分はここにいる。旅行をしに来てるのでない。持前の一笑懸命、そして真っすぐをここケニアでも出していきたい。それが自分らしさであり、自分のスタンスであるということを思い出した。赴任前の夜に貴重な経験だった。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ODA民間モニター団長です。
先日の夕食会では一緒に楽しく過ごさせて頂いて有難うございました。私達は8月3日に帰国しました。今は、報告資料の作成に追われる毎日であります。これから赴任される中で先日、お話をしましたやり取りが継続でき、交流を持てれば嬉しいですね。

くろ さんのコメント...

ありがとうございます。
民間モニターお疲れ様でした。

また質問や意見などありましたら連絡ください。