2008年10月23日木曜日

10月22日 温かさ☆

 ついにこの日がやってきた。子どものトランスファー(他の更生院に移る)の日。午前中から、書類の整理や子どもの世話で大忙し。この日は60人ほど送るということで、更生院の先生ほぼ全員集合し、仕事をしていった。

 子どもたちはこの日を楽しみにしており、やっと次の更生院でスポーツや勉強が本格的にできるということを楽しみにしているのである。そのウキウキ感はこちらまで伝わってくる。子どもたちがうれしそうに俺の胸に飛び込んでくる。

 “ Ken, ninaenda! Tutaonana!” 「ケン、じゃあ行くよ。またね。」
 “ Sawa. Nenda salama na afia nzuri.”
 「了解、気をつけていくんだよ。それから健康に気をつけてな。」

 まだまだ小さい子は抱きしめられることがうれしいのか、みんな抱きしめてもらうために走り込んでくる。その姿がなんともかわいい。そして出発直前、こんな会話を交わした。

 “ Usinisahau!” 「俺のこと、忘れるなよ。」
 “ Sitakusahau mpaka nitakufa.” 「ぼくが死ぬまで、ケンのこと忘れないよ。」

 その言葉が温かった。子どもたちに接してきてよかったと思えた瞬間だった。そして子どもたちはこのゲタスル更生院をあとにした。

 長くて3ヵ月しかいない、このゲタスル更生院。もっと長く子どもたちと一緒にいたいが、それができない。出会いと別れが常にやってくるこの職場。それがけっこうつらい。そんなことを思う瞬間、一通のメールがやってきた。

 「生徒が少なくなって寂しいね。でもあなたが一番ケニアの子どもたちと出会えるね。」

 その言葉がまた温かった。その言葉に元気をもらった。また明日からがんばろうと思えた。今日は温かい言葉が多い一日で、幸せな一日だった。トランスファーはまだまだ続く。最後まで笑顔で子どもたちを送り出そう。

4 件のコメント:

shibuya さんのコメント...

すごいあったかい言葉だね。
さすがだね。

一番多く・・・か。
すごいね。
なんか、いいな。その考え方。

たく さんのコメント...

子供たちの言葉って本当に心に残るよね。
3か月という短いサイクル。でも学校に入っているわけじゃない俺としては、毎日共に過ごすことができるということだけでうらやましいなー。
これからもお互いたくさんの素敵な出会いが待ってるね!

くろ さんのコメント...

しぶやん
 広く浅くだけど、その「浅く」をどこまで「深く」できるかが、おれの活動なんだよね。やりがいあるよ。
 まあ自分らしく真っすぐいくわ。

くろ さんのコメント...

たくさん
 そんな子どもたちにこっちも何か残してやりたいって思うよね。
 3か月って限られた期間だからね。毎日が大事です。