2009年1月9日金曜日

ケニア旅行記1 マサイマラ③


 眠いをこすりながら出かけたモーニングサファリ。日の出を見るために早朝からサファリカーでサファリへ出かける。ちょうど日の出のときで、地平線からゆっくりと顔を出す朝日は今まで見た中で一番きれいな朝日だった。

 そしてそのまま動物たちのもとへ。朝の涼しい時間は動物たちの活動時間。獲物を狙うライオンと、そのライオンをずっと見つめて警戒しているインパラの群れ。見たことのない光景に息をのむ以外何もできなかった。またその近くでは獲物を横取りしようとハイエナが隠れている。自然の姿をありのままに見ることができ、サファリの素晴らしさを肌で感じた。

 そしてキャンプ地に戻り、片道6時間の道をサファリカーでのんびり帰った。車に乗り続けるのはさすがに疲れたけど、それ以上にサファリを満喫できた旅だった。今度は奥さんを連れてくる番だな。ちょっとリッチにロッジに泊ろうかな。

2 件のコメント:

たく さんのコメント...

やっぱりサファリはケニアだねー!ベナンでも北部ではサファリができるので今度行こうと思うけど、やっぱりケニアほど見られないらしい・・・。うらやましいなー。

ケニャイチロー さんのコメント...

 たくさん
 いやあ本当に動物の数は多いね。任国外でべナアからも来れるといいのにね・・・。
 治安はアフリカでもかなり悪いけど・・・。